帯祝いってなんだろうか?

帯祝いというのは、安産を祈願するための祝いのことです。
ちなみに、5ヶ月目の特定の日と決められているので、間違えないようにしましょう!
これを間違えてしまうのはマナー違反となり、安産でない可能性の原因になるとも言われています!
日付をすぎているのであれば、帯祝いはしない方が無難です!
さて肝心の帯祝いにはどういったことをすれば良いのでしょうか?

□帯祝いにすることとは?
基本的に何かをプレゼントする必要はありません。
帯を付けて安産を祈願するものなので、特になにかすることもないのです。
なので、最近では帯祝いという言葉自体聞かなくなりましたね。
また、帯を巻き付けることで母体に影響がでる可能性もないことはないので、帯祝い自体をしない方が良いのかも知れません!
ただ、声をかけたりするのは良いかも知れませんね!
ぜひ近くに妊婦がいるようであれば、安産を祝ってあげましょうね!
また、似たようなイベントが別の日にもあるようです。

メリットいっぱいの抱っこひも「スリング」

スリングとは、抱っこひもの一種で、幅の広い布を大人の肩にたすき掛けの要領でかけ、たわんだ部分に乳幼児を保持して使います。日本で広く知られるようになったのは2001年ごろからで、ベビースリングとも呼ばれますが、この名称はアメリカの会社が商標登録している為、商品名に付けられることはありません。種類はリングありとリングなしの大きく2種類に分けられ、リングありの中でもリングから垂れる布端がフレアなもの、ベルト状にまとめられているものの2種類があり、リングなしのたタイプも、布を輪状に縫い合わせただけのチューブタイプと、背中に当たる部分が屏風状に折りたたまれ縫い合わされた抱っこたすきタイプの2種類があります。産まれてすぐの新生児期から2〜3歳になるまで長く使うことが出来る、母親のお腹の中でいた体勢でいられるので乳幼児に安心感を与えられる、装着が簡単、密着するので装着者の肩や腰の負担が軽減できる、抱いたまま授乳ができる等の利点がある一方、特に先天性股関節脱臼が多いとされる日本では股関節脱臼、また首を過度に前屈させることによる気道閉鎖のための窒息、などのリスクも指摘されていますが、抱き方の工夫等で回避することができます。スリングは色々な会社から販売されていますが、個人で作製することも可能で、その際は強度のある布とリングを選ぶことが大切です。とくにアクリル製のリングは破断する可能性がある為避けた方が賢明で、また布の厚みとリングの関係を見極める必要があります。

check

普通免許で運転できる三輪バイクです。

三輪バイク

Last update:2017/11/2

更新情報・お知らせ